2011年03月21日

東日本大震災

東日本大震災の際
私は実家である茨城に帰ってきておりました
激しい地震
崩れ落ちる周りの家の屋根の瓦
そして自分の車を見るとジャンプをしてて
道路を見渡すと地割れや塀などが崩れ落ち
すっごく恐怖を感じました

津波が噂で10mくると聞いた時には
実家は海が近いので実家まで来ると聞かされてました
でも
実際の津波は4mだったので実家の裏の道路で止まりました

11日は津波&地震があり
高台で避難しました(車の中で)
夜通しの津波&地震で全く眠れませんでした
津波は第5波まで続き、やっと止まりました。

11日の夜中(何時頃かは分かりませんが)携帯が使えなくなり
3日ぐらい携帯が使えない状態になり
友達の安否も確認できない状態に不安になりました

家に帰ると
庭など所々に地割れ、そして家の中もひび割れしてました
色々な物が倒れ壊れ、何から手を出して良いのか分からない状態でした

こんな悲惨な状態でも頑張れたのは
近所の人や知らない人でも
みんなが家族のように周りを心配し明るく前向きに考えていたからだと思います
団結力が強い茨城・地元に生れて幸せだと思いました

そして
携帯が繋がるようになり
お友達からメールが入っている事が分かり
その内容を拝見し心から胸を打たれ感激と同時に感謝しました

電気が使えない状態だったので
PCを開く事が出来ずメールを確認出来ずにお返事が遅くなってしまった
お友達には本当に申し訳なく思ってます。
そして
やっとメールを確認出来る事ができ
お友達からのメールが届いているのを拝見し
ますます胸を打たれ感激し感謝の気持ちでいっぱいになりました

TVでは茨城県は被災地みたいな放送はされていなかったのにも関わらず
心温まるメールを頂き本当に感謝の気持ちでいっぱいです

本当に・・・
本当に・・・
本当に・・・
ありがとうございます

余震はまだ続いている茨城ですが
みなさまから沢山のパワーを貰って頑張れます

ニックネーム yuki at 11:18| diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする